膝の痛み

膝が痛くて辛い男性のイラスト

  • 加齢で膝が弱ってきたのか痛い
  • 変形性膝関節症といわれた
  • 定期的に痛み止めのブロック注射や水抜きをしている
  • 膝が痛くて長く歩けない
  • 正座をしたいのに痛くてできない

膝の痛みの原因とは?

膝の痛みのカウンセリングをしている様子膝の痛みの原因は、膝が悪くなっていたり、膝自体に原因があるわけではありません。
また、水が溜まるから、痛みが起こるわけでもありません。

もしくは「膝が変形しているから痛む」と思っている方が多いですが、変形が痛みの原因とは限りません。

満足整体院の代表は、過去に整形外科に勤めてる間に、レントゲンをみて膝の痛みを訴える方をみることが多かったのですが、膝は、変形していなくても痛かったり変形していても痛くなかったりします。

「変形=痛みではない」ということです。

他の整骨院では「変形性膝関節症なので付き合っていくしかない」、「年だから仕方ない」と言われることが多いのですが、そんなことはありません。

実際の主な膝の痛みの原因としては

  • 筋肉の使い方が悪く、変な歩き方の癖がついている
  • 関節の運動軸がずれている
  • 上半身の体幹が弱って、下半身に負担がかかっている
  • 自分に合う靴が履けていない

といったことがあげられます。

膝の痛みの本当の理由は、足の使い方や、姿勢、筋肉によって、関節が炎症し、痛みが発生しているのです。

難聴の方でも膝が痛くなることも!

まれに、難聴の方でも膝の痛みを訴える方がいらっしゃいます。

それは、耳の聞こえにくい方と反対側に体重をかける傾向があり、身体のバランスが歪んでしまい、膝や腰に痛みを引き起こしてしまいます。

日々身体のケアを行い、身体のバランスを整えることで、膝の痛みが解消されることもあります。

持病だと諦めずに、膝の痛みの施術経験が豊富な満足整体院にご相談ください!

膝の痛みを放っておくとどうなるの?

水抜きや痛み止めを繰り返していくうちに、歩くのが億劫だったり、水抜きもつらいからと諦めてしまう方も多いです。
そうすると更に痛みが増してしまい、杖がないと歩けない、一人では外出できない、という風になってしまいます。

膝の痛みをかばうため、O脚になったり、外反母趾や巻き爪、腰痛など、様々な痛みや不調につながる可能性が高いです。
また、うまく歩けなくなるため、つまずいて転びやすくなったり、捻挫しやすくなることも考えられます。

膝の痛みは、正しい足の使い方、正しい歩き方をすることにより、解消することができます。
満足整体院では、膝の痛みを解消してきた経験が豊富です。

やりたいことができるために、この機会に膝の痛みと向き合いましょう!あなたはどのようなお悩みがありますか?

膝の痛みの施術について

膝の検査を行っている様子膝に水が溜まっている場合、膝に無理な負担がかかっていることが原因で水が溜まってきています。

その負担がどこからきているのかを調べ、その原因にあった施術をすることで、水は溜まらなくなり、痛みも解消されます。

満足整体院では、一概に変形性膝関節症という病気を膝の痛みの原因とせず、お一人ずつに合わせた施術をご提案しております。

主な原因である関節の軸のずれを整えることで、関節が正常に可動するようになり、痛みを解消することができます。

膝の変形自体の解消はできませんが、変形の進行の解消を目指し、あらゆる視点からアプローチをしていきます。

当整体院で施術を受けていただくと、今後痛み止めの注射や、水抜きをする必要がなくなります。
どこに行っても良くならないとお悩みの方、まずはお気軽にご相談ください。