脊柱管狭窄によるしびれ

腰が痛くてつらそうな女性のイラスト

  • 脊柱管狭窄によるシビレで悩んでいる
  • 長く歩くとつらいので、出歩くことが少なくなった
  • 病院で手術をすすめられたが迷っている
  • マッサージや電気では治らなかった
  • とにかく痛みをとりたい

脊柱管狭窄による痛みでお悩みの方
日暮里の満足整体院へご相談ください。

脊柱管狭窄による腰痛や足のしびれは、
病院では手術をすすめられるかもしれません。

しかし、私は10年以上
整形外科クリニックのリハビリ部門で
理学療法士として多くの方と向き合い

「こうすれば痛みがはやくとれる」

という施術にたどりつきました。
悩まれている多くの方のお役に立ちたいと考えています。

脊柱管狭窄の施術で絶対にやってはいけない5つのこと

脊柱管狭窄の施術で
やってはいけない5つのこと

1.湿布や痛み止めでごまかしている

湿布や痛み止めの薬、ブロック注射では痛みを感じなくしているだけであって、その原因を改善する施術ではありません。根本である原因を改善しないかぎり再発してしまいます。

2.ゆがんだ姿勢で歩いている

ゆがんだ姿勢が続くと骨や筋肉に負担がかかり、変形や緊張が起こりやすくなります。
シビレや痛みを引き起こす原因となります。

3.痛い所をマッサージや電気施術している

痛い場所に原因があるのではなく、他の場所に原因がある可能性が高いです。
また、マッサージや電気を同じところに続けると筋肉が弱ってしまいます

4.自分でストレッチ・筋トレしている

歪んだ状態のままストレッチ・筋トレをしても歪みが強くなってしまいます。

5.手術すればいいと思っている

手術して隙間を広げたとしても、美しい姿勢や正しい習慣や筋肉が身についていなければ、
何円か後にまた変形して痛みがでるリスクがあります。

満足整体院の施術方法

痛みの姿勢を改善する骨盤調整
×
歩く力の回復

慢性腰痛に向き合い続けた満足整体院独自の新療法

足の検査生涯自分の力で歩み続けるには痛みの出ない美しい姿勢が大切です。

しかし、過去のケガ、生涯自分の力で歩み続けるには痛
みの出ない美しい姿勢が大切です。
しかし、過去のケガ、病気または普段の生活での癖が続くと本来の自
然な姿勢が崩れ痛みの出やすくなる姿勢に変わっていきます。

そこで
“骨盤から体を見直す治療法”と
“スムーズに姿勢維持ができ歩く力を回復する“

を同時に行うという新施術にたどりつきました。
施術のおかげで「積極的に歩けるように!」

痛みの出る姿勢を作っているのは、仙腸関節と言われるいわゆる
「骨盤」の動きが悪くなっていることが原因です。

関節がスムーズに動かないことで周囲の筋肉も、
その本来の働きを失ってカチカチに固まり、スムーズに動けなくなってきます。

満足整体院はその両方を同時に施術していく新たな施術法をつくりあげ、
それぞれの痛みに向き合っています。